寝不足の子供たち 〜 睡眠障害の治療・対策ネット

main_top_over_navi
main_top

寝不足の子供たち

現代では共働きや子供の塾通いなどで、昔に比べ夜型の子供が増え睡眠時間は減っています。
また脳を目覚めさせる朝ごはんは抜いているため、午前中ボーっとしている子供が増えています。
子供の場合『寝る子は育つ』という言葉があるように、深い睡眠(ノンレム睡眠)のとき多くの成長ホルモンが分泌されいるのです。
子供のいびきはなんらかの異常があるサインで、体内ではいびきによって体中の酸素の循環が悪くなってしまっています。
寝ている間に発達する脳や身体に影響が出てしまうので、寝ている子供の変化を見逃さないようにしましょう。
夜中急にビックリして目が覚める【夜驚症】や寝ながら部屋中歩き回る【夢遊病】や就寝中に排尿してしまう【夜尿症】が子供の睡眠障害として挙げられます。
睡眠のリズムが定まってない乳児や幼児は、グッスリ眠っているので無理に揺り起こすと、脳機能に影響が出てしまうので注意しましょう。
大人中心の生活ではなく子供に合わせた生活習慣に変えていくことが、子供の成長にとってよい環境を整えてあげることが大切です。


↑このページの先頭に戻る

Copyright © 2013 睡眠障害の治療・対策ネット All Rights Reserved.