いい睡眠環境で快眠 〜 睡眠障害の治療・対策ネット

main_top_over_navi
main_top

いい睡眠環境で快眠

快適な睡眠のためには、よりリラックスできる睡眠環境が大切です。
寝ている間に汗をかくので吸水性に優れ皮膚にあまり刺激を与えない素材のゆったりとした寝巻きがよいです。
女性で寝ている時も下着を着けている人がいますが、下着で締め付けられた体は睡眠中あまりリラックスできません。
いい枕を使えばいい睡眠が得られると言ってもいいくらい、枕はとても重要です。
私たちそれぞれ体系が違うように、それに合わせる枕もみんな同じではないのです。
枕の高さが合わないと首や肩が凝ったり、高さで気道が狭くなりいびきをかいて脳に酸素が十分に行き届きにくくなります。
せっかく高さがちょうどよくても柔らかい素材の枕だったら、頭が沈んでしまうのでよくありません。
低反発の枕なら程よい弾力なので、横になったとき良い姿勢を保てます。
寝ている間を毎日汗をかいているのでこまめに布団を干すことによって、フカフカで気持ちよく眠ることができます。
部屋全体や寝具の色をグレーやベージュやグリーンに変え、間接照明を取り入れるとより効果的です。
朝眩しいからと遮光性のカーテンにしていると、朝自然に目を覚ますことが難しくなり体内時計も狂ってしまいます。
寝室の中にも改善できることが多くあるので、少しずつ変えていきましょう。


↑このページの先頭に戻る

Copyright © 2013 睡眠障害の治療・対策ネット All Rights Reserved.