眠りやすい入浴方法 〜 睡眠障害の治療・対策ネット

main_top_over_navi
main_top

眠りやすい入浴方法

昼間私たちの体内で交感神経が働いているため、エネルギーを消費し体を動かしています。
また感情に対しても働く交感神経は、興奮・緊張・不安などの状態でも反応します。
逆に心身ともにリラックスして睡眠に入る状態を副交感神経といい、この二つの神経のバランスがとても重要です。
夜になっても副交感神経に切り替わらないと、体は緊張状態でなかなか眠れないということになります。
体がリラックスするための正しい入浴方法が重要です。
40℃弱のぬるめのお湯に30分ほど浸かると、体の中からきちんと温まります。
「熱いお風呂じゃなきゃ、入った気がしない」という人がいますが、熱が刺激となり交感神経に切り替わってしまうため、体はリラックス出来ていません。
一人暮らしとかに多いのが毎日シャワーだけという人も、体の芯から温めることができず、さらにシャワーの水圧で皮膚を刺激するためよくありません。
一番最適なのが半身浴で、38℃くらいのお湯に20?30分、腕を上げて浸かると効果的です。
胸のあたりまでしか湯に浸からないので心臓への負担も軽く、上がった後もしばらくポカポカと分かるくらい体が温まっています。
手軽にできるのがフットバスで、様々なメーカーからいろいろなものが販売されていますが、洗面器があれば自宅で簡単にすぐできます。
洗面器に少し熱めのお湯を張り(足をつけてた時くるぶしが浸かるくらい)、温度を保ちながら20分くらい浸かります。
足しか温めてないのに少し汗ばむくらい体の中から温まります。
体の汚れを落とすためだけの入浴ではなく、心身ともにほぐせる入浴を心がけましょう。


↑このページの先頭に戻る

Copyright © 2013 睡眠障害の治療・対策ネット All Rights Reserved.