睡眠を自分でチェックしてみよう 〜 睡眠障害の治療・対策ネット

main_top_over_navi
main_top

睡眠を自分でチェックしてみよう

睡眠時間などに個人差があるように、睡眠障害は判断しにくいものです。
そこで簡単に自分でチェックできれば、自覚でき症状によっては医師の診察を受けるべきか分かります。
世界中で使われている【アテネ不眠尺度】というセルフチェックで、過去1ヶ月の間、または少なくとも週3以上当てはまるものにチェックしていきます。
Q1.布団に入ってからの寝付き Q2.夜中に目が覚めるか Q3.朝早く目が覚めてその後また眠れたか の睡眠の様子の質問があります。
その後Q4.総睡眠時間 Q5.睡眠の質 Q6.昼間の気分 Q7.昼間の活動について Q8.昼間の眠気の有無 全8問となっています。
それぞれの質問には0?3点の4択になっていて、その合計点数によって睡眠障害かどうか判断できます。
合計得点が4点未満は心配無し、4?5点は睡眠障害の疑いが少しあるため、病院で相談した方がよいかもしれません。
6点以上なら睡眠障害の疑いが高めなので、医師に相談し早めに治療することがよいでしょう。
このセルフチェックが全てではありませんが、少し合計点数が高めの場合、睡眠環境や生活習慣などを見直してみましょう。
それでもあまり改善されないようなら、早めに専門医の診察を受けることをお勧めします。


↑このページの先頭に戻る

Copyright © 2013 睡眠障害の治療・対策ネット All Rights Reserved.