内科精神科的睡眠障害について 〜 睡眠障害の治療・対策ネット

main_top_over_navi
main_top

内科精神科的睡眠障害について

内科で診られる病気、精神科で診られる病気と関係がある睡眠障害を、『内科精神科睡眠障害』と言います。
病気に伴って二次的なものとして、睡眠不足や過睡眠などいろいろな睡眠障害が起こります。
精神科では、うつ病やアルコール依存症などの精神的疾患にみられます。
不安・緊張・悩み・ストレスなどが原因で起こるのが精神疾患で、これらの原因がさらに睡眠障害も引き起こします。
精神疾患の治療で処方される睡眠薬がないと眠れないという人の睡眠障害も悪化してしまいます。
きちんとの精神科での治療を進め精神疾患が回復していけば、睡眠障害も自然と改善されていきます。
内科的疾患では、皮膚の疾患や喘息などでなかなか眠れないことも多いのです。
また薬によっては眠くなる成分が含まれるものもあるため、昼食後に強い眠気に襲われる場合もあります。
てんかんや痴呆やパーキンソン症候群や偏頭痛などの神経系の疾患でも睡眠障害が見られます。
人それぞれ生活や体質や年齢などで薬の副作用による支障が出てくるかもしれませんが、それらの点も含めよく医師に相談しましょう。
病気で精神的にも辛いことも多いですが、かかっている病気・睡眠障害は関係が深いものなので、治療を続けることが大事です。


↑このページの先頭に戻る

Copyright © 2013 睡眠障害の治療・対策ネット All Rights Reserved.