サラリーマンに増える睡眠障害 〜 睡眠障害の治療・対策ネット

main_top_over_navi
main_top

サラリーマンに増える睡眠障害

残業や出張や仕事のストレスなどサラリーマンには睡眠障害となりうる原因が多くあります。
ストレスや緊張で眠れなくなることを『精神生理性不眠症』といわれ、眠らなければならないという新たなストレスでさらに不眠が悪化してしまうのです。
布団に入る前に気分を落ち着かせ、寝られる分だけ寝るというその日の睡眠時間をあまり気にしないように気持ちを変えていく必要があります。
『概日リズム睡眠障害』は体内の時間のバランスが崩れてしまい起こるもので、眠気が昼夜逆転して襲ってくるため昼間の活動に支障が出てきます。
仕事柄の人や時差ボケも同じ症状ですが、メラトニン製剤やビタミンB12を飲んだり、朝日光に当たるなど体内時計を整えていきます。
『睡眠時無呼吸症候群』は、不規則ないびきをかく人は睡眠中無呼吸の可能性が高く、脳は酸欠状態になりとても危険です。
数十秒から数分くらいの無呼吸が1時間に5回以上の人は注意が必要で、昼間に強い眠気に襲われる人は家族に一度聞いてみましょう。
仕事のストレスと眠れないからといってお酒を飲むのではなく、スッキリした朝を迎えられるように睡眠環境を見直すことが大切です。


↑このページの先頭に戻る

Copyright © 2013 睡眠障害の治療・対策ネット All Rights Reserved.