睡眠薬について 〜 睡眠障害の治療・対策ネット

main_top_over_navi
main_top

睡眠薬について

風邪薬を飲んだら眠くなった経験は誰でもあるでしょうが、これは風邪薬の中に含まれるヒスタミンの一種・塩酸ジフェンヒドラミンが作用してことによって起こります。
ヒスタミンなどが含まれている「睡眠改善薬」は睡眠薬とは違い、一時的な不眠を解消する補助として薬局などで販売されています。
病院で診断され睡眠障害の症状によっては、睡眠薬などを処方される場合があります。
不安や緊張を和らげリラックスすることによって眠気を誘うのが睡眠薬の効果です。
睡眠薬はベンゾジアゼピン系が多く、抗うつ剤や抗不安剤などに使われていた成分ですが、睡眠にも効果があるということで最近では処方されています。
不安感をなくし身体をリラックスさせ眠りやすくさせる作用がある一方で、副作用として翌朝倦怠感がある・ふらつきが残るため車の運転等控えるなどが挙げられます。
入眠障害に処方される『超短時間型(2?4時間)』は寝付きをよくしてくれ、『短時間型(6?12時間)』は熟眠障害の人が飲んだりします。
『中間型(12?24時間)』は朝方目が覚める人に効果があり、うつ病などで不眠症にもなってしまった人には『長時間型(24時間以上)』が処方されます。
長期間飲むうちに身体が慣れて効果が薄れると思われがちな睡眠薬ですが、最近処方されるものは依存性の低いものばかりです。
睡眠薬を飲む際、アルコールと一緒に飲まない・決められた量を飲む・勝手に他の薬と飲まない・車の運転は控える・絶対に妊婦は飲んではいけないなどの注意点があります。
治療薬の種類は多く個人のの体質や生活に合う合わないがあるので、医師とよく相談して処方してもらうのがよいでしょう、


レーシック手術 名古屋


↑このページの先頭に戻る

Copyright © 2013 睡眠障害の治療・対策ネット All Rights Reserved.