アロマテラピーで安眠 〜 睡眠障害の治療・対策ネット

main_top_over_navi
main_top

アロマテラピーで安眠

人間の脳はα波が出ている時とてもリラックスしていて、この状態が続くとだんだんと眠くなっていきます。
リラックスするのにアロマテラピーは最適な方法の一つです。
アロマポットなどに数滴たらしたアロマオイルの香りが寝室中に広がるので、気分も落ち着きます。
最近はアロマキャンドルも人気です。
ロウソクにアロマオイルが含まれているので火を付けるだけという手軽さと、揺れる炎は眺めていると少し眠気を誘います。
半身浴中にバスタブにアロマオイルを水滴加えるだけのアロマバスは、心身ともにリラックス出来てとても効果的です。
アロマオイルは様々な草木や花などの植物から作られたオイルで、症状によって使うアロマオイルも変わってきます。
眠れない時にラベンダーには気持ちを落ち着けたい時によく使われます。
睡眠障害によいのがバレリアンで、気分を落ち着かてゆっくり眠りを誘うので睡眠薬のような働きがあります。
ネロリは深いリラックス効果があるので、不安や緊張やストレスなどを和らげてくれます。
またローズマリーは、疲労回復の効果と少し香りで目が早く覚めるので朝使うのをお勧めします。
眠れない・最近疲れているなど、あなたに思い当たる症状に合わせてアロマを選んでみてはいかがでしょうか。


↑このページの先頭に戻る

Copyright © 2013 睡眠障害の治療・対策ネット All Rights Reserved.