正しい睡眠薬の飲み方 〜 睡眠障害の治療・対策ネット

main_top_over_navi
main_top

正しい睡眠薬の飲み方

睡眠障害の治療法のひとつ薬物療法では、睡眠薬や睡眠導入剤が処方されます。
どんな薬にも値しますが薬は正しく飲まなければ、効果は出ないどころか副作用が出てしまうことがあります。
睡眠薬にはあまり良いイメージを持っていない人が多いですが、医師のもと正しく飲めば睡眠障害によりよい効果が得られます。
最近多く処方されているのがベンゾジアゼピン系の睡眠薬で、抗うつ剤や抗不安剤の薬に含まれている成分です。
緊張や不安を和らげ、眠れると睡眠薬として処方されます。
その一方で見られる睡眠薬による副作用はいくつかあります。
決められた分より多く飲んでしまう・お酒と一緒に飲むなどをすると、軽度の『記憶障害』が見られる場合があります。
筋肉を弛緩させる『筋弛緩作用』があり、ふらついて転倒する危険があるので高齢者は特に注意したい作用です。
『持ち越し効果』は、朝目が覚めた時にまだ眠たい・脱力感や倦怠感など睡眠薬の効果が翌朝でも続いている状態のことです。
これらの副作用も見られず安眠が得られるようになったからといって、風邪薬のように自己判断で飲むことを止めてはいけないのが睡眠薬です。
医師の診断のもと、時間をかけて飲む量を減らしていく必要があります。
妊娠すると眠くなりやすくても睡眠薬を飲んではいけないのは、奇形児や強い黄疸など赤ちゃんが睡眠薬中毒にかかってしまうからです。
体質や生活に合う睡眠薬を医師の診断の上正しく飲み、安眠を目指しましょう。


↑このページの先頭に戻る

Copyright © 2013 睡眠障害の治療・対策ネット All Rights Reserved.