子供に多い睡眠時随伴症 〜 睡眠障害の治療・対策ネット

main_top_over_navi
main_top

子供に多い睡眠時随伴症

睡眠中の異常行動を睡眠時随伴症といい、大人よりも子供に多く見られます。
『夜驚症』とは、寝ている時に叫ぶ自分の声に驚いたり急に恐怖に襲われたりして、パニックになり部屋中を歩き回ったりします。
同時に汗をかいたり呼吸が荒くなったりすることもみられますが、翌朝本人は全く覚えていません。
『睡眠時遊行症』は一般的にいう夢遊病のことで、体を動かしていたり歩き回ったりしますが、会話はあまり出来ません。
翌朝覚えていなくて寝ぼけているようにもみえますが、成長するにつれて少しずつ症状はなくなっていきます。
小さな子供はおねしょをしますが、小学校へ入学するくらいの年齢の子供がするおねしょを『夜尿症』と言い、これも成長するにつれて治ってくるのが普通です。
中にはいつまでたってもおねしょが直らない子供がいますが、そういう子供は睡眠障害の可能性があります。
日常生活や人間関係によるストレスなどの精神的な原因が考えられます。
寝言や歯軋りなども『睡眠時随伴症』に含まれます。
これらの症状は子供に多いですが大人でも起こることもあるので、周囲の人に睡眠の様子を聞いておくとよいかもしれません。


↑このページの先頭に戻る

Copyright © 2013 睡眠障害の治療・対策ネット All Rights Reserved.