女性を悩ます睡眠障害 〜 睡眠障害の治療・対策ネット

main_top_over_navi
main_top

女性を悩ます睡眠障害

睡眠障害は月経・閉経や妊娠・出産など女性ホルモンの分泌に大きく関係がしているため、体調や睡眠も大きく変化します。
女性は男性に比べ睡眠時間や睡眠のリズムが短く、子育てをしている女性は特に多く朝型の傾向が見られます。
短い時間でも深く効率よく疲労回復しているのが女性の特徴ですが、その反面不眠に悩むことも多いのです。
生理前にイライラしたり頭痛や眠気で困っている女性は、『月経随伴睡眠障害』と思われます。
月経時に分泌される黄体ホルモンが原因なので、生理前特有の症状としてあまり気にすることはありません。
同じ黄体ホルモンの影響を受けているのが、『妊娠随伴睡眠障害』です。
妊娠初期はとても強い眠気に襲われ、出産間近から生後2?3ヶ月くらいまでは、乳児に合わせた睡眠になり不眠が続くので少し大変な時期です。
閉経を迎え更年期障害に悩む年齢の女性に多くみられるのが『更年期随伴睡眠障害』です。
更年期の症状とともに寝付きが悪い・夜中に何度も目が覚めるなどと悩まされますが、更年期障害の症状が治まるにつれて、不眠も解消されていくでしょう。
家事に育児、女性の社会進出など現代では忙しい女性が増えていますが、家族に協力してもらいたまにはゆっくり休息をとるとよいでしょう。


↑このページの先頭に戻る

Copyright © 2013 睡眠障害の治療・対策ネット All Rights Reserved.