睡眠障害を治すには 〜 睡眠障害の治療・対策ネット

main_top_over_navi
main_top

睡眠障害を治すには

不規則な生活習慣により体内時計が狂ってしまうため、睡眠障害は起こります。
適度な運動をしてバランスの良い食事を摂り寝室環境を整えることで、安眠を目指します。
あまり改善されない場合、医師の診察を受ける必要があり、その際の治療は【薬物療法】と【非薬物療法】の2つがあります。
【薬物療法】は睡眠薬による治療で、場合によっては寝付きを助ける入眠剤を処方される人もいます。
もう一方の【非薬物療法】にはいくつかの方法があります。
『精神療法』は睡眠障害の原因となっているストレスや悩みなどを無くしていく治療です。
安眠できるよう気分を落ち着ける方法が『リラックス法』であり、α波が出やすくなるような治療をします。
α波は精神的にも身体的にもリラックスしている時に出る脳波で、このα波を就寝前に出しやすくすることによって安眠が得られるのです。
長時間寝てもまだ寝足りないと感じる人は過睡眠のため睡眠時間を調節する治療法が『睡眠制限法』が行われます。
いびきをかいて朝までグッスリ安眠に見える人でも、実際には脳は休んでいないことがある為寝不足の状態になっていて、本人は昼夜関係なく一日中眠たいのです。
『高照度光療法』は光による治療で、狂ってしまった体内時計のリズムを戻していきます。
朝の太陽の光によって動き出す人間の身体に2500?3000ルクスの光を人工的に朝浴びることによって、体内リズムを整えていきます。
睡眠障害は命にかかわる病気でないにしろ心身ともに大変な病気ですので、医師と相談しながら自分のペースに合う治療法を見つけましょう。


↑このページの先頭に戻る

Copyright © 2013 睡眠障害の治療・対策ネット All Rights Reserved.