どうして睡眠障害になってしまうのか 〜 睡眠障害の治療・対策ネット

main_top_over_navi
main_top

どうして睡眠障害になってしまうのか

様々な睡眠障害があり、症状や原因は個人差がありますが、大きくいくつかに分けられます。
騒音・寝室のライト・合わない寝具を使っているなど睡眠環境の悪さです。
ストレスや不安や悩みによる精神的原因もあります。
一時的なことも多いのですが、原因であるストレスや不安が解決しても不眠だけが残ってしまうこともあります。
「早く寝なければ・・・」と思えば思うほど、よけい神経質になって眠りにくくなってしまう人もいます。
仕事で夜勤の時がある人や海外旅行の時差ボケなど、体内リズムと体の活動が違うと睡眠障害になってしまいます。
アルコール依存症・うつ病などの精神的な病気と併発してしまうこともあります。
体の他の部分が原因で睡眠障害になる場合もあります。
眠ってはいても『無呼吸症候群』の人は浅い眠りのため、熟睡できていません。
『むずむず脚症候群』という足に変な違和感を感じて気になって眠れないという病気です。
数多くの睡眠障害があるので、自分で判断せずに気になることがあれば医師の診察を受けることをお勧めします。


↑このページの先頭に戻る

Copyright © 2013 睡眠障害の治療・対策ネット All Rights Reserved.